大阪市で遺言書は行政書士檜岡法務事務所|業務案内:遺言書の作成

業務案内:遺言書の作成

遺言書とは?

遺言書とは?

自分の財産を自分の意思で相続人やお世話になった方、団体等に残すようにできる制度です。
遺言書を残しておかないと、原則、法定相続分通りに分配されますが、遺言書を残すことで自分の意思が尊重されることになります。
更に、自分の意思を相続人に示すことにより、未然にトラブルを防ぐという効果も期待できます。

遺言書を残すのが望ましい方

自筆証書遺言と公正証書遺言の違い

自筆証書遺言と公正証書遺言の違い

遺言書には種類がありますが、主に使われているのはこの二つです。
自筆証書遺言は、全て手書きで法定の様式を備えていなければ無効と判断されてしまうこともあります。
また、遺言者が亡くなった後、自筆証書遺言が発見された場合は、開封せずに(開封してしまうと過料に処されます)家庭裁判所に持って行き検認作業を受けなければいけません。
公正証書遺言は公証人という専門家にお願いして作る方法です。
専門家が作成しますので、無効になる恐れがほとんどなく、原本も半永久的に保管されます。
また、自筆証書遺言のような検認作業も必要なく、すぐに遺言書の内容を実行することができます。

自筆証書遺言と公正証書遺言の利点と欠点

利点

費用が少なくて済む。

欠点
紛失・偽造・発見されないなどの可能性
また、検認作業が必要となる。
法定通りでないと無効になる可能性。

利点

無効になる恐れがほとんどない。
遺言執行が迅速にできる。
検認の必要がない・原本が保管されるので
紛失の恐れがない。

欠点
費用がかかる・証人二人が必要

公正証書遺言の作成の流れ

必要書類として、遺言者の戸籍と印鑑証明書、相続・遺贈される方の戸籍や登記簿、譲る不動産があればその登記簿・納税通知書等が必要になります。
それらを用意し、公証人との打ち合わせをします。
そして、当日は証人二人と一緒に公証役場にて読み上げて記名・押印をして完了となります。
当事務所では戸籍・登記簿の収集、遺言書原案の作成、公証人との打ち合わせ、証人の用意、これらを全て行います。
ご質問があればお答えいたしますので、些細な事でもお気軽にお問い合わせください。

mailform

Information

行政書士
檜岡(ひのおか)法務事務所
〒536-0008
大阪府大阪市城東区関目1-16-6
TMビル2-A

大阪市の行政書士檜岡法務事務所では遺言書から各種相続まであらゆる法務手続を承っております。丁寧で親切な説明をモットーに皆様に信頼して頂ける行政書士として努めてまいります。ぜひお気軽にご相談ください。

  • 06-6955-8182
  • メールはこちら

事務所ブログ

pagetop