大阪市で遺言書は行政書士檜岡法務事務所|業務案内:風適法の許認可

業務案内:風適法の許認可

平成28年の改正

平成28年の改正

平成28年6月に風適法が改正されました。
簡単に説明しますと、今までいわゆる1号・2号営業と呼ばれていたのがまとめて1号になり、3号営業が特定遊興飲食店営業という新設されたところに移り、4号営業は廃止、5号営業が2号になり、6号営業が3号に、7号営業が4号、8号営業が5号になりました。
申請のポイント自体はそこまで変わっていませんので、ダンスホール営業がなくなり、号数が変わったと考えればよいかと思います。

新1号営業(旧1・2号営業)や届出について

新1号営業(旧1・2号営業)や届出について

行政書士に依頼をしようと思う方がほとんどこれにあたると思います。
いわゆる、キャバクラ・クラブ・ラウンジ・キャバレー等、営業の方法によっては、ガールズバーやメイド喫茶も当てはまります。
申請の際の要件(人的条件・構造的条件・場所的条件)や図面の作成等、面倒なことはお任せください。
飲食店営業許可や深夜飲酒の届出等も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

mailform

Information

行政書士
檜岡(ひのおか)法務事務所
〒536-0008
大阪府大阪市城東区関目1-16-6
TMビル2-A

大阪市の行政書士檜岡法務事務所では遺言書から各種相続まであらゆる法務手続を承っております。丁寧で親切な説明をモットーに皆様に信頼して頂ける行政書士として努めてまいります。ぜひお気軽にご相談ください。

  • 06-6955-8182
  • メールはこちら

事務所ブログ

pagetop