大阪市で遺言書は行政書士檜岡法務事務所|業務案内:建設・宅建業の許認可

業務案内:建設・宅建業の許認可

建設業許可を取るメリット

建設業許可を取るメリット

法律上で定められている「軽微な工事」については許可は必要ありませんが、一定金額以上の工事や、その他の条件により許可がないとできない工事があります。
また、元請から許可を取るように言われることもあります。
それらの問題をクリアするために、許可を取っておくことをお勧めします。

許可の要件

許可の要件

許可を取るための要件がいくつかあります。
・経営業務の管理責任者がいること
・営業所に専任技術者がいること
・財産的基礎があること
・営業所があること
・欠格要件に該当しないこと です。
ご相談の際は一つ一つ丁寧にお聞きすることになりますが、お気軽にご質問頂ければと思います。

宅建業の許可要件

宅建業の許可要件

宅建業でも建設業と同じように許可要件が存在します。
・専任の宅地建物取引主任者がいること
・独立した事務所があること
・保証金を用意できること
・欠格要件に該当しないこと です。
こちらも、専門家である行政書士にお気軽にご相談頂ければと思います。

mailform

Information

行政書士
檜岡(ひのおか)法務事務所
〒536-0008
大阪府大阪市城東区関目1-16-6
TMビル2-A

大阪市の行政書士檜岡法務事務所では遺言書から各種相続まであらゆる法務手続を承っております。丁寧で親切な説明をモットーに皆様に信頼して頂ける行政書士として努めてまいります。ぜひお気軽にご相談ください。

  • 06-6955-8182
  • メールはこちら

事務所ブログ

pagetop